メニュー

感染予防対策

当院の感染予防対策は、新型コロナウイルスより

 ① 患者様
 ② 職員
 ③ 地域の医療資源

この3つを守ることを原則としています。

具体的な対策

1. 隔離(アイソレーション)
2. 飛沫感染予防
3. 接触感染予防
4. 職員への対策の徹底
追記: 内視鏡検査への対策



1. 隔離(アイソレーション)

・発熱や風邪症状のある方の受診を原則お断りしています。

・社会的距離の確保

受付カウンターに透明ビニールシートを設置しています。

待合室のシート間隔を空け、患者様同士の間隔がとれるよう心がけています。

 

2. 飛沫感染予防

・換気

待合室の窓を開放しています。

バックヤードの窓も可能な限り開放し、定期的な換気を行っています。

・マスクの着用

職員の着用はもちろん、患者様にも着用しての受診をお願い致しております。

 

3. 接触感染予防

・本、冊子など多くの方が頻繁に触るものは一時的に撤去しています。

・手指消毒

エントランスに患者様用の手指消毒液(アルコール)を設置しています。

職員は一処置ごとに手指消毒、あるいは手洗いするよう徹底しています。

・環境消毒

多くの方が触られる場所(ソファ、ドアノブ、血圧計、体温計など)を定期的にアルコール消毒しています。

 

 

 

4. 職員への対策の徹底

・体調確認

出勤時に体温、感冒症状の有無、嗅覚障害の有無をチェックしています。

・休憩室等での行動

可能な限り換気を心がけ、複数人で滞在する際は間隔を取る、飲食時以外は原則マスクを着用するようにしています。

・病院外での行動

ハイリスクな環境に足を踏み入れることや、休日の過ごし方について注意喚起を行なっています。

・発熱時の対応

発熱や風邪症状のある際には一定期間の自宅待機としています。

訪問者対応

業者の出入りは必要最小限とし、不要不急の面会等は延期、もしくは遠隔ツールを使用しての面会とするようお願いしています。

 

追記:内視鏡検査への対策

内視鏡はノドにカメラを通して行う処置ですので、咳を誘発します。また検査が処置室という閉鎖空間で行われることが多く、感染のリスクのある検査と考えられています。そのため、緊急事態宣言の状況下においては、緊急性の低い検査に関しては延期、日を改めての検査が推奨されています。

当院においては、延期が可能な検査については延期をお願いし、緊急度の高い検査に絞って検査を行なっています。このことにより、感染機会そのものを減らすことと、感染防護具を温存することが可能になります。処置の際に医師・看護師は標準予防策(スタンダードプリコーション)と呼ばれる、アイシールド、マスク、ガウン、手袋といった感染防護具の着用を必須としています。

緊急事態宣言をはじめとした感染動向を常に監視しながら、流行時には検査数を絞り、収束時には速やかに通常通りの検査が提供できる体制が取れるように備えています。

また、新型コロナウイルスの感染者の便からウイルスが長期間にわたり検出されたという報告がいくつか出ています。一方検出されたウイルスに感染力があるかどうかははっきりしておらず、便を介して感染したという報告は現在のところありません。(2020年5月現在)

参考:日本消化器内視鏡学会の提言 https://www.jges.net/medical/covid-19-qa

 

その他ご不安なことがあればお気軽に職員にお声かけください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME